フィリピンの飲み会の流れや作法は?在住経験者が紹介します【牡蠣は食べるな】

フィリピンの飲み会の概要
この記事は約6分で読めます。

フィリピンでフィリピン人の知人と飲み会があります。
フィリピンの飲み会ってどんな様子ですか?

日本では忘年会シーズンは飲み会が増えますが、乾杯して食事をしつつビールを飲み・・というのが一般的でしょう。

フィリピンではどのように飲み会が進行するのでしょうか?

フィリピンでフィリピン人と飲み会をするときに事前にフィリピンでの飲み会の様子を知っておくとより楽しめそうです。

本記事では、フィリピンでの飲み会の流れや作法について、筆者がマニラで参加してきた数々の飲み会の様子も含めて紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの飲み会の特徴

フィリピンの飲み会の特徴をまず紹介しましょう。

フィリピン料理(フォークとスプーンが主ですが、手で食べる文化もあり)

食事をしながらアルコールを飲まない

日本のように、食事と同時にアルコールを飲むことはほぼないです。

少なくとも「とりあえずビール!」はないですねえ。

アルコールを飲むときの食べ物はあくまでもおつまみです。

千鳥足の人がいない

日本では忘年会シーズンなど、駅で千鳥足になっている人とか、赤い顔でフラフラしている人とか頻繁に見かけますよね。

フィリピンの飲み会で飲みすぎている人はほぼ見たことないです。

適量というかセーブしているのが良く分かります。

筆者が分析するに、酔っ払ってしまうとイロイロと危険なので帰り道を安全に帰るためにもほどほどにしているのでしょう。

筆者もしかりで、フィリピンで「ああ、酔っ払ったなー」ほど飲んだことはありません。

酒を注ぐという文化はない

日本だと隣の席の人に酒を注ぐ文化がありますが、フィリピンでは注ぎませんねー。

大瓶をテーブルに置いておくことがそもそもないです。

よって全く飲まない人は「あ、僕飲まないので・・」と断る必要がないので、面倒がないのは良いですね。

飲み会と食事会は別

日本だと食事会というと飲みたい人は飲むというように、飲み会と食事会が一体化していますが、フィリピンでは飲み会と食事会は別ですね。

例えば「美味しいビュッフェを食べに行こう」という食事会の企画があったとしたら、ビュッフェだけ食べます。

ビュッフェを食べた後に場所を変えて飲むこともありますが、食事会と思っていたのに実は飲み中心だったということはありません。

理由を考察するに、帰り道の安全のためにも、飲むならそれなりの準備をしてから出向かなくてはならないからという理由もあるでしょう。

筆者の勤務していた会社のアルコールを伴うパーティーでは、帰りは会社が手配したバンなどで送迎してくれるようになっていましたよ。

フィリピンの飲み会の流れ

フィリピンでの飲み会の流れはこんな感じです。

日本でも会社での飲み会とプライベートの飲み会では、参加者も文化も雰囲気も異なりますが、フィリピンでも同じ。

会社での飲み会とプライベート飲み会を分けて説明します。

プライベートの飲み会

フィリピンでのプライベートでの飲み会の流れは

  1. 食事をする
  2. アルコールを飲む
  3. 解散

飲み会の流れはこのような順番が多いです。

上述のとおり会場に着いて「とりあえずビール!」はなく、メニューを開いて食事だけを決めます。

飲み物はアイスティーなどを飲むことが多いです。

アイスティー(かなり甘い)のピッチャーがサービスで置いてあるレストランも多いです。

食事が済んでお皿を片付けてもらったら、さあ飲みましょうとなります。

フィリピン料理の店の様子 お酒はなし

ブードルファイト(フィリピンの古典的な食事スタイル)のレストランに行こうという企画で行ったレストラン。

食事中の飲み物にはアイスティーが並んでいます。

会社での飲み会

フィリピンでの会社での飲み会の流れは

  1. 食事をする
  2. アルコールを飲む
  3. ゲームやイベント
  4. 解散

飲み会の流れはこのような順番が多いです。

アルコールを飲むのとゲームやイベントは同時に行われることが多かったです。

日本の会社の飲み会でも、今どきは減りましたが、それでも新人芸みたいな出し物が行われることもありますね。

フィリピンの飲み会でのイベントで非常に特徴的なのは、出し物は新人や若手も登場することもありますが、マネージャー陣が率先して登場することでしょうか。

部長クラスの幹部がコスプレしてクリスマスソングを歌ってくれるというのは、日本ではなかなか見られない光景です。

フィリピンのボーリング場では、ボーリングをしながら飲めます。
変に酔っ払う人もいないのでできることかもしれませんね。

スポンサーリンク

フィリピンの飲み会では何を飲む?

フィリピンの飲み会で良く飲む飲み物を紹介します。

フィリピンの飲み会に欠かせないサンミゲル

やはり定番のビール。

サンミゲルが多いですね。

サンミゲルの主要な種類には写真の”ライト”と”ピールセン”とがあります。

ピールセンのほうが辛口で、ライトはその名のとおりライトなのですが、なぜだかピールセン=男性用、ライト=女性用という文化となっています。

サンミゲルライトって水みたいなのですよね。笑(少なくとも筆者にとっては)

よって、筆者はピールセンが好きで注文するのですが、「ピールセン?」っていう顔されることもたまにあります。

でも、男性がライト注文したり、女性がピールセン頼んでも特に支障はないので、気にせずにお好きなビールを頼んでくださいね。

フィリピンの飲み会の様子

こちらの飲み会では、サンミゲル飲んでいたり、コロナ飲んでいたりしますね。

その他、モヒートも良く飲まれます。

フィリピンの飲み会の作法

フィリピンの飲み会の作法を紹介します。

乾杯しない

日本の飲み会だと「乾杯!」からはじまったりしますが、フィリピンの飲み会では乾杯はないですね。

料理が並んだら、みんな「さあ、食べるか」みたいな感じでそそくさと食べ始めます。

食事を食べている最中は、かなり静かなんですよ。

食事に集中している感じです。

ビールは氷入りも美味

日本だとビールを注文すると冷えた状態で出てきますが、フィリピンでは冷えたビールが飲みたい場合「Cold beer」と言って注文してください。

何も言わないと、冷えていないビールと氷の入ったグラスが出てきます。

気が利いていると「Ice?(氷いる?)」と尋ねてくれますね。

飲みすぎ注意

日本の飲み会と違うのが、フィリピンでは酔っぱらいって正直ほぼ見たことないです。

セーブして飲むので、一人だけ飲みすぎてしまうと明らかに浮くのと、そもそも安全面でおすすすめはしません。

牡蠣はおすすめしません!

フィリピンの食べ物で個人的におすすめはしないのが、牡蠣です。

筆者は1度フィリピンで牡蠣を食べ、翌日辛い思いをしたのでその後2度と食べていないので、筆者が行った店がたまたまよろしくない牡蠣を提供していたのかもしれませんが・・。

フィリピンの飲み会での注意 牡蠣は食べるな

こちらが、筆者が食したフィリピンで最初で最後の牡蠣です。

火を通したグリルした牡蠣でしたけどね・・

再度お伝えしますが「フィリピンの牡蠣」、おすすめしません!笑

まとめ

フィリピンの飲み会の流れや様子、作法について、筆者のマニラ在住経験に基づき紹介してきました。

フィリピンでの飲み会は、会社の飲み会にしろプライベートの飲み会にしろ、キーワードとなるのは「飲みすぎない、でもフレンドリーに心から楽しむ」、これに尽きると感じています。

楽しいフィリピン旅行・フィリピン生活を!

フィリピン生活には他にも記事がありますので、ご興味のある方は合わせてご参照いただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました