TEP TEST (早稲田大学―ミシガン大学テクニカルライティング英語検定試験)2級 受験記

tep-test

TEP TEST® (早稲田大学―ミシガン大学テクニカルライティング英語検定試験)2級を受験しました。

TEP test受験記はほとんど見かけることがなく、ちょっと詳しく体験談を書いてみようかと思います。

同じく受験を予定されている方は、事前に様子を知ると準備もできるかと思いますため、共有しますね。

TEP TEST2級受験記

生まれて初めて中に入った早稲田大。

早稲田の駅からバスで来ました。

早稲田駅のロータリー前に早稲田大学行きのバス乗り場があります。
TEP TESTは日曜日ですが、休日でもバスは頻繁に出ていましたし、全く混んでなかったです。

IMG_20170514_114933

TEP TEST2級の試験の内容

試験会場内に入りますと、100人ほどの収容人数の部屋に2級の受験者が20人程度いました。

試験内容は次のとおりです。

英文和訳、小問、和文英訳

TEP TEST2級は次の3部構成です。

  • 英文和訳
  • 小問
  • 和文英訳

英文和訳が一番難しかったです。時間足りず。

小問は、逆に時間が余りました。

小問は、テクニカルライティング協会で紹介されている篠田先生のご著書を1-2冊読んでおけば良いです。
ご著書の例題と似たような問題のみでした。

英文和訳、小問、和文英訳おのおので時間になったら用紙が回収されてしまうため、小問で英文和訳に戻るなどはできません。

TEP TEST2級での辞書使用について

辞書は持ち込み可のため、私は電子辞書1つのみ持参しました。

私は技術用とかではなく普通のロングマンの辞書のみ持ち込みました。

一方、分厚い紙の辞書を2、3冊も持ち込んでいる人もいましたよ。
でも実際は、英文和訳は時間が足りなくなってしまうので、辞書を引く時間がないかと思います。

英語を引くより、書けない漢字(日本語)を辞書で調べる回数のほうが多かったです!

用紙は横罫線の解答用紙が配布され、たっぷり書けるので小さい字で書く必要はないのですが、いかんせんPCばかりで手書きの機会が薄い昨今。

日本語の方が書くのに苦労しました。

TEP TEST2級 受験後

TEP TEST2級試験後、後日、認定証が郵送で送られてきます。

wp-1503587046783

来年あたり1級にチャレンジする予定です。

TEP TEST テスト用文房具の注意

答案用紙が横の罫線が引かれた普通のノートのような用紙のため、途中を間違えたらそれ以降もほぼ消すことも多く、消しゴムをめちゃめちゃ使います

消しゴムは大きめのMONO消しとかが良いでしょう。

罫線の幅は10mmくらいあります(6年生の横書きノートくらいかなあ)。
大きめの字で書いても大丈夫。

用紙に色が付いています!黄色とか青とか。
小問ごとの用紙の区別ですね。

ですので、字が薄い方や線が細すぎる方。
白地のノートより若干読みにくくなるので、太めにちゃんと大きく書くよう心がけると良いかと思われます。

私はTOEICなどマークシート形式の試験も同様ですが、0.7mm製図用のシャープペン「製図用シャープペンシル プロユース 0.7mm」を使っています。

私、大学(機械工学科)時代に教材として購入したシャーペンです。
(ですんで、ん十年前のシロモノ)

テスト中は何かと手に力が入りがちですが、全く途中で折れないし、TOEICのマークシートなど「クルクルクル」の3クルクルできれいに塗り終えることができます

鉛筆よりは全然良くておすすめです。

まとめ

TEP TEST® (早稲田大学―ミシガン大学テクニカルライティング英語検定試験)2級の受験記をお送りしてきました。

私は社会人なので、仕事上このTEP TEST2級が役に立ったかどうかというと「直接的には何の役にも立っていない」という回答となります。

その他の資格取得については、次の記事にまとめていますのでよろしければご参照くださいね。

資格取得とは間接的に血になり肉となる類のものだと思います。

資格取得を趣味とする同士の皆さん、頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました