WordPressブログをSSL化する【LightSail編】SSL化がGoogleの検索順位を左右 

secure-blog-entry

ご訪問ありがとうございます。

Chromeの仕様変更により、ブログやWebサイト公開をされている方ではブラウザのURL部分に「保護されていない通信」が表示されるようになりました。

いかにも安全性の悪そうなこの表示なので、サイトを運営されている方は「ついにSSL化を検討しなくてはならなくなったか」というところかもしれません。

AWSのLightSailにWordPressを組み込んでいる場合で、LightSailでのSSL化について説明します。

保護されていない通信

Google先生が2月に「SSL化していないサイトにはこの”保護されていない通信”を表記する」と宣言しています。

secure-blog-entry

A secure web is here to stay
Posted by Emily Schechter, Chrome Security Product Manager For the past several years, we’ve moved toward a more secure web by strongly adv...

 

当サイトはまだSSL化していませんので「保護されていない通信」状態です。

WordPressブログをSSL化する LightSail

SSL化されたLightsail + WordPressで作成されたサイト

SSL化されるとURLに鍵マークと「https://」という表示になります。見るからに印象が良いですねー。

私が運営しています他のサイトにてSSL化してみましたので、このときに習った手順を紹介します。

WordPressブログをSSL化する LightSail

Amazon AWS” LightSail” の WordPressサイトをSSL化

対象となる私のブログの環境は次のとおりです。

  • Amazon LightSailで作成
  • WordPress

不正確な情報も多いAWS関連サイト

AWSは仕様が複雑過ぎて、情報も錯綜し、正確でない情報ソースが多い印象ですが、以下のサイトさんの手順とコマンドどおりに対応して私もSSL化できました。
信用できる正確な情報ソースとして共有させていただきます。

SSL化概要

1. SSL/TLS証明書を「Let’s Encrypt 」で取得する。
私も最初はLightsailのロードバランサで取得しようとしていましたが、18ドルかかる上に、サイトの検証で一晩(8時間)待ったのに検証が終わってなくて中断しました。
Lightsailでの証明書取得はやめて「Let’s Encrypt 」での方法に切り替えた経緯があります。
WordPressブログをSSL化 AWS LightSail
「Let’s Encrypt 」は無料ですので、やはりメールアドレスの入力を何回も求められます。
2 WordPressの設定ファイル「wp-config.php」を書き換える
HTTP→HTTPS書き換え。CSS/JSのリンク等もすべてHTTPSへ飛ばす。
なお、httpにアクセスされた際にhttpsへリダイレクトする設定も行いまして、この部分はこちらの「おまけ1常時SSL」の部分を参考にさせていただきました。
3 Apacheの設定を変更する
Apache設定確認と再起動をする。

まとめ

AWSのLightSailでWordPressブログを運営している場合のSSL化についてお送りしました。

謝辞

詳細は、上述のサイト「social impact」さんの解説をご参照ください。
「social impact」さんは技術系学生さんOBのサイトですかね。
若い力でこれからも是非頑張ってくださいね!
正確な情報、ありがとうございました。
タイトルとURLをコピーしました