転職を繰り返すと人生はどうなる?メリットとデメリット【転職4回の体験談】

転職を繰り返す

転職を考えています。
仮に転職を複数回繰り返した場合、どうなりますか?

転職は多くの社会人が一度は考えたことがあるかと思います。

転職してしまうとよっぽどのことがない限り、元には戻れません。

「万が一、転職を繰り返した場合、その先はどんな人生が待っているの?」と不安になりますね。

結果的に4回転職をしている筆者が、転職を繰り返した場合のメリットとデメリットを紹介します。

転職を繰り返すこと4回

プロフィール欄でも少々ご紹介させていただいていましたが、筆者の職務経歴は次のとおりで、合計4回の転職経験があります。

22歳 大学卒業(工学部)
22歳 新卒で某メーカー入社 ←新卒入社
27歳 同業他社へ転職 ←転職1
35歳 海外転職 ←転職2
40歳 帰国。国内某企業へ転職 ←転職3
42歳 フリーランスに転身 ←転職4

転職1から転職4まで、給料や待遇の変化を紹介します。

転職を繰り返したことによる給料の変化

転職1から転職4において、給料(税引前)や待遇は次のように変化しました。

また、それぞれどのような経緯での転職かも合わせて紹介しましょう。

新卒入社時の給料と入社理由(22歳)

大学(工学部)を卒業して入社したのは、某メーカーでしたが名前は聞けば概ね誰でも知っているであろうメーカーでした。

BtoCの製品を製造するメーカーだからです。

入社理由は「とりあえず人が知っている名前の会社」というちゃらんぽらんな理由です。

ミミウサ
ミミウサ

このとりあえず人が名前を知っているという一見ふざけた志望動機が、20年の時を経て筆者の身を助けることになります。
詳細は後述します。

給料は、メーカーは新卒入社ではほぼどの企業も横並びで、私が入社した企業も他と同じような感じでした。

年収250万という感じだったと思います。

1回目の転職後の給料と転職理由(27歳 同業他社へ転職)

新卒で入ったメーカーが経営が傾き、ボーナスが自社製品の現物支給で支給される中、同期の4割ほどが転職しました。

筆者は転職などはその時点では真面目に考えていませんでしたが、周りに引っ張られるようにズルズルと転職活動を開始しました。

ミミウサ
ミミウサ

周りが転職していくので「私もこの会社、去っとかないとまずいの?!」と焦っていました。

他社へ正社員として転職。

同業他社だったので正直、面接は簡単と感じました。

前職で給料カットが行われていた分の減給がなくなり、給料がアップしました。

正確にいくらだったか忘れてしまいましたが、年収500万くらいだったと思います。

さらにこの転職した企業が良かった点は、休みが著しく多い!

126日はおろか130日は超えていました。

2回目転職後の給料と転職理由(35歳 海外転職)

妙に条件の良かったはじめての転職で入社した企業でしたが、暗雲が立ち込めます。

親会社が筆者の勤務先会社をグループから切り離す決定をしたのです。

完全に切り離されるまで3年ほどの猶予があったものの、その後は親会社から仕事が振ってくるということはなくなり、営業部すらない会社が外部から仕事を取ってこなくてはならない状況になりました。

暗雲が立ち込めたころ、その企業に飽きてきていたのもあり「そうだ、海外で働いてみよう」と思い立ったのです。

ミミウサ
ミミウサ

「そうだ、海外で働いてみよう」という思いつきだったかもしれませんが、その後、実際の海外移住実行までのアクションは早かったです。

海外転職をどのように行ったのかは、以下の記事にまとめていますのでご興味ある方はご覧いただければ幸いです。

通算転職2回目となる海外転職後の給料はフィリピンペソでの支給だったので、日本円と比べにくいのですが、日本円にして年収250万ほどです。

この額は、フィリピン現地の給料としては破格で、部長クラス程度の値段です。

おかげで年に数回は日本に里帰りする費用もまかなえました。

3回目転職後の給料と転職理由(40歳 帰国。国内某企業へ転職)

フィリピンから帰国し、日本国内企業へ転職しました。

通算3回目となるこの転職で入社したのは日本企業ですが、転職目的で帰国したのではありません。

正直今でもどうして帰国しようと思ったのか、明確な理由がありません。

多分、海外生活に疲れが出たものと思います

ミミウサ
ミミウサ

海外での勤務、確かに楽しいのですが疲れが知らないうちにたまるのは事実。

転職3で日本国内企業に入社後は、給料は530万ほどだったと思います。

4回目転職後の給料と転職理由(42歳 フリーランスに転身)

海外から帰国して入社した日本企業での、年収530万というまったく悪くない給与額は、大した交渉も必要なくあっさり決まりました。

ただ、入社数年後に、悪くない給与だが雇用期間の方が短くなってしまったのです。

クビになってしまいました。

このときの転職の流れについては、次の記事にまとめています。

よって、通算4回目の転職となるフリーランスへの転身は、自主的に行ったものではありません。

転職せざるを得なかったかたちです。

ただ、もう一度企業に勤務したいとは思わなかったため、フリーランスを選択したのは意図的です。

4回目の転職でフリーランスになった後の収入は、年間240万程度です。

勤務時間は絞って20時間/週としているので、年収的にはこんなもんだろうという自己評価です。

転職を繰り返したときのメリットとデメリットに続きます。

転職を繰り返すことのデメリット

4回ほど転職を繰り返したときのデメリットを箇条書きでご紹介します。

転職の度に会社の規模が小さくなった。

会社の規模なんて関係ないと思われる方多いですが、大企業は経営がおかしくなっても公的資金が注入してもらえたりと何かとメリットが大きいのは間違いないです。

転職により給料は著しく下がっていなくても、勤務条件が悪化

勤務条件とは労働時間だったり、会社で常に怒鳴り声が聞こえるといった社内風紀の問題です。

会社の規模が小さくなるにつれ、労働時間管理は曖昧に、そして社内が暴力的な社風になりました。

ミミウサ
ミミウサ

3回目の転職で入社した日本企業は入社早々、社内に怒号が響き渡っているのを聞き、かなりびっくりしました。
面接のときは、分からなかったのです・・

転職を繰り返すことのメリット

4回ほど転職を繰り返したときのメリットを箇条書きでご紹介します。

「転職を繰り返して良かった」という言い方は、少々違います。

「どの転職も、一切後悔がない」というのが本当の気持ちです。

幅広い職種を経験できた。

プロフィール欄に書いている「良く言えば守備範囲が広い悪く言えば器用貧乏が悩み」という自己紹介は、転職を繰り返していることによる複数の職務経験から出てきたものです。

筆者が今、「あなたの職種は何ですか?」と問われたらこれぞという肩書が思い浮かびません。

実際、現在の私のフリーランスとしての名刺は、「屋号+名前+メールアドレス」のみしか書いていません。

案件ごとに名乗る肩書を変更しているためです。

ミミウサ
ミミウサ

案件ごとに
「ライターのミミウサです。」
「翻訳者のミミウサです。」
「コーダーのミミウサです。」
というように自己紹介を使い分けています。

ですので、複数の転職による幅広い職務経験があったからこそ、フリーランスとして「ライティング+イラスト作成案件」など抱き合わせ案件も選べたりして、助かっているのは事実です。

絶対に転職すると決めている方へのアドバイス

経験上、転職をしてメリットのある場合は次の二点に限られると、筆者は考えます。

1. 現在の仕事により肉体的または精神的に病気になっているもしくは病気予備軍の場合

→メリットというより無条件に逃げましょう。
人生を無駄にすることのないように。

2. 転職により給与がアップすることはもちろんネームバリューもアップすること

→勤務先のネームバリューは無関係という見方も多いですが、少なくとも筆者の場合、会社の名前というものにフリーランスになってから助けられました。

勤務先のネームバリューの威力について、筆者の場合はこのようなことがありました。

勤務先1社目と3社目がBtoCということもあり聞けば名前くらいは認知されていたため、業務内容に関連する案件で「元○○の社員でした。」と名乗ると無条件に信用されます。笑

ミミウサ
ミミウサ

悲しいかな、人は名前で人を判断します。

企業の名前にこだわるなんてアホらしいと思うかもしれませんが、実際には世の中のビジネスマンは名前に釣られることも多いと身を持って感じましたよ。

まだ転職を迷っている方へのアドバイス

まだ迷っている方はいきなりアクションは危険で、とりあえずリサーチです。

転職サイトやエージェントに登録しておこうと考えるかたも多いですが、どこが良いか迷う方もいらっしゃるでしょう。

どこの転職サイトへ登録するか迷っているのであれば、筆者はリクナビNEXTをおすすめします。

登録する転職サイトとしてリクナビNEXTをすすめる理由

理由はシンプルに、実際に筆者の2社目の転職はリクナビNEXT経由で決定し、実際何のトラブルもなかったことが大きいです。

3社目、4社目の転職でも情報収集用に使わせてもらいました。

リクナビNEXTは、ターゲット層の年齢も職種も幅広くあらゆる求人を網羅しているので情報収集には適しています。

転職サイトを自分の市場価値診断に使う

転職サイトの使い方としては、登録しておくと希望職種についての情報が流れてくるので便利ということと、スカウト機能で自己分析できるというのがあります。

リクナビNEXTは多数の方が登録されているので、企業がスカウトするために人材を探すときは「機械的なスクリーニング」ですよ。

”40歳以下にチェック”、”転職回数3回以下にチェック”・・とポチポチと検索条件に入力し、まず機械的なスクリーニングで人材を探しています。

以下に自分が企業に必要とされる層(必要とされない層)の人材なのか、ものすごくシビアに判断できます。

必要とされる層であればスカウトメールが飛んでくるので「ああ、私は業界的に需要があるんだな」と確認できるでしょう。

スカウトメールが何も飛んでこなければ、転職自体考えないほうが良いかもしれません。

まとめ

万が一、転職を繰り返した場合、その先はどんな人生が待っているのかの疑問に、4回転職経験のある筆者が回答させていただきました。

転職を繰り返すことが良いこととは言えません。

ただ「後悔だけはない」のは不思議です。

本記事が、焦らずでも時期は逃さずじっくり考えていただける材料となったのでしたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました