子供も大人も雨でも楽しめる!恐竜と魚と公園の博物館へ行こう【茨城県自然博物館】

雨でも子供と楽しめる博物館
この記事は約5分で読めます。

「子供と一緒に一日中楽しめて、勉強になってかつリーズナブルな場所」

特に雨の日の休日になるとそんな場所がないかと情報収集してしまいますね。

場所は茨城ながら東京の秋葉原から1時間~1時間半ほどとアクセスも良い「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」に行ってきましたので情報共有します。

動く恐竜あり、サメのいる水槽もあり、東京ドーム3.5個の広さの公園ありで、我が家の子供も喜んでいました。

スポンサーリンク

ミュージアムパーク茨城県自然博物館とは?

「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」は、1994年(平成6年)11月に開館した茨城県立の自然博物館です。

宇宙から恐竜まで!屋内展示と野外施設

大きく分けると本館内の屋内展示と野外施設とに分かれています。

本館(屋内展示)

5つの展示室と部門・企画展示と映像ホールが入っています。

  • 第1展示室 – 宇宙関連
  • 第2展示室 – 地球関連
  • 第3展示室 – 生態系関連
  • 第4展示室 – 生命関連
  • 第5展示室 – 地球環境関連

隕石、鉱石、化石、剥製、自然の模型などが展示されています。

隕石や剥製など一部の展示物を手で触ったり、天体の動きを模型で実験したりと見るだけではなく、子供も飽きない工夫が沢山あります。

屋外施設

野外施設は15.8haあり、池や森を模した自然観察設備や、芝生広場、花畑などがあります。

「自然発見工房」という施設では双眼鏡などの貸し出しもあり、植物、野鳥、昆虫の自然な姿をじっくりと観察できます。

誰でも参加できる無料館内ツアーもあります。

茨城県自然博物館の場所と行き方

茨城県自然博物館は茨城県の博物館ですが、場所は千葉県との県境付近で、埼玉県や東京都からも10〜20km圏内と関東にお住まいの方なら気軽に出かけられる場所にあります。

ミュージアムパーク茨城県自然博物館
〒306-0622 茨城県坂東市大崎700

車を利用する場合

常磐自動車道谷和原ICから 20分

首都圏中央連絡自動車道坂東ICから 25分

※ 無料駐車場は約1,000台収容で、駐車場に困ることはありませんでした。

鉄道・バスを利用する場合

つくばエクスプレス守谷駅西口から関東鉄道バス「岩井行き」乗車約30分、「自然博物館入り口」下車、徒歩約10分

雨の日の茨城県自然博物館

雨の日曜日、子供と一緒に出かけた茨城県自然博物館の様子を、写真たっぷりで報告します。

持ち物などいくつか注意点があるので、合わせてご参照くださいね。

雨でも子供と楽しめる博物館

車で行きましたが、駐車場と博物館入り口は目の前です。

土日は混んでいるのでその点は要注意です。

入り口を入ります。

雨でも子供と楽しめる博物館

チケットを買い、中へ入ります。

音声ガイドやタブレットでのガイダンスは無料で貸し出してくれます。

借りる際に免許証など身分証明を提示します。

音声ガイドは英語版もあり、英語を勉強中の筆者は英語版の音声ガイドを借りました。

子供と楽しめる博物館でマンモスを見る

いきなりの剥製!

吹き抜けに恐竜がたくさん!

恐竜名を失念してしまいましたが60tある恐竜だそうです。

海の生き物展示ブース近くの吹き抜け。

「サメに食われそう」という写真を撮りたかったのですが、眠かったらしく失敗!

子供と楽しむ博物館!恐竜の化石

恐竜ブースに入ります。

子供と楽しむ博物館へ行こう 実寸の恐竜

 

動くティラノサウルスと●●サウルス(恐竜名失念)。

動きがかなりリアルかつ実物大で、人気コーナーでした。

 

人間の進化の歴史。

 

海の生き物展示室へ。

いくつも水槽が設置されていて、本物が泳いでいます。

そして至近距離でお魚が見られるので、子供は喜んでいました。

 

子供が喜ぶ博物館の様子 水族館もある

サメから寿司屋のネタとしておなじみの魚まで!

 

水中の生物展示室内。

昼は外の散策へ。

子供が喜ぶ博物館と公園

 

きれいに整備された小道や庭が続きます。

どんぐりがたくさん落ちていて、子どもたちが楽しそうに拾い集めていました。

茨城県自然博物館に行くときの注意や持ち物

茨城県自然博物館へははじめて行きましたが、持っていけば良かったと思った物や注意点がありますので、共有しますね。

飲食スペースが少ないので注意

茨城県自然博物館の博物館館内は飲食禁止です。

室内で飲食できるのが、中にあるレストラン1つとセミナーハウスです。
レストランは100席ほどの広さで、日曜日は列ができていました。

筆者はセミナーハウスでお茶をすることにしましたが、セミナーハウスはレストランではなく、椅子と机がズラッと並んだ部屋となっています。
自動販売機でジュース類とパンとアイスが販売されています。

お弁当を持ってきていたご家族が結構いました。
天気が良ければお弁当を持ってきて外の公園で食べるのも最高ですね。
外には椅子やテーブルもあります。

おむつ替えスペースは十分にあり

茨城県自然博物館に来ている方は子供連れが大半でした。

おむつ替えスペースには特に困りませんでした。

また、館内ベビーカーで移動も問題ありません。

スポンサーリンク

おわりに

雨の日でも子供と一緒に一日中楽しめてかつリーズナブルな場所ということで、「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」を紹介しました。

かなり広いので1日中子供と一緒に遊べます。

東京・埼玉・千葉からも無理なく出かけられるので是非行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました