マーケティングが学べる洋書【半おすすめ】

internet-marketing

インターネットマーケティングを洋書を使って英語で学びたい方のために、ブックレビューをします。

今回ご紹介する洋書は”半”おすすめということで手放しでおすすめではなくてすみません。

レビューですので正直にあるがまま感想を書きますね。

洋書でインターネットマーケティングを学ぶ

私が読了し、ご紹介するのは「Internet Marketing for Small Business」です。

 

”半”おすすめな理由としては、読む本としては内容の分量的にちょっと物足りないかもしれません。

Kindle版だと551円の書籍(本レビュー執筆時現在)ですからね。
贅沢は言えないですが。

ただ、ターゲットユーザのペルソナ作成方法などを実践的に説明してあり、非常に実用的内容ではありました。

3時間ちょいで読了しましたので、逆に簡単に読み切ることはできるので、英語の勉強にはちょうどよいかもしれません。

頑張って分厚い書籍でチャレンジしてしまうと、最後まで読みきらずに自信喪失ということは私も何回も経験しています。

Internet Marketing for Small Business もくじ

  • Introduction
  • Chapter1 – Know Thy Audience
  • Chapter2 – Marketing Eco-System
  • Chapter3 – Your Website
  • Chapter4 – Blogging for Business
  • Chapter5 – Repurposing for More Content
  • Chapter6 – Video Marketing
  • Chapter7 – Social Sharing
  • Chapter8 – Forums
  • Chapter9 – Social Networking
  • Chapter10 – Buy Your Traffic
  • Chapter11 – Email Marketing
  • Conclusion

おわりに

マーケティングを深く学ぶというよりは「とにかく英語で最後まで読み切りたい」という方には適度なボリュームの本です。

「インターネットマーケティングの初学者が英語の勉強を兼ねてササッと読む」という用途であればおすすめです。

kindle版の他、ペーパーバック版もあるので書き込みつつ洋書を読む派の方はペーパーバックの方をどうぞ。

PR 英語でWeb技術を学べる洋書

英語でWeb技術を学べる洋書の”半”おすすめではなくて、しっかりおすすめできる本をいくつか列挙しておきます。
いずれも私がすべて読了した上でおすすめしています。

洋書でUX/UIデザインを学ぶ「Don’t Make Me Think」

アメリカのUI/UXデザインスクールの教科書として採用している本だと聞きつけて読んでみた洋書です。
図解がふんだんかつカラーで、分かりやすさはピカイチでした。
そもそもユーザビリティの本ですものね。

洋書でJavaScriptを学ぶ「You Don’t Know JS」

何かを作りながらJavaScriptが学べる洋書はこちらです。

洋書でDOMを学ぶ「Dom Enlightenment」

Webマーケティングとは少し離れますが、個人的におすすめしたい洋書解説書が次の本です。

DOM単体で詳しく解説されている本は洋書はもちろん、和書でもなかなかないです。

タイトルとURLをコピーしました