電気代でJALマイルを貯める方法【電力自由化で電気代も安く】

この記事は約5分で読めます。

マイルを貯めて旅行に出かけるのが好きな筆者ミミウサです。

ミミウサ
ミミウサ

JALのマイルを貯めています。
毎月の電気代でマイルが貯められる電力会社があると聞きました。
電力自由化で利用する電力会社が選べるようになったので、マイルが貯まる会社に乗り換えたいです。

ある日、筆者の元へ「電力会社を弊社に乗り換えればJALマイルも貯まるようになりますよ」というお知らせが届きました。

冬場の1ヶ月の電気代が28,000円超えという、オール電化賃貸である筆者家において、電力自由化を利用して安い電力会社に変更できるのは魅力的です。

電気代が安くなり、ついでにJALのマイルも貯められるとなれば、やるしかありません。

筆者家の冬の1月分の電気代は、約2万8000円。

 

電力自由化の制度を利用して、電力会社の乗り換えをしてみましたので、やり方を共有します。

電気代でJALマイルを貯める

誰でも毎月の電気代はかかりますが、同時にJALマイルが貯まるという電気会社が複数あります。

先に電力会社乗り換え後、2ヶ月後のJALマイルのマイページのキャプチャを示しますと・・

電気使用でJALマイルがたまる

こんなかたちで、筆者家で使用した電力量に応じたJALマイルが加算されています

筆者家は「九電みらいエナジー」に変更しましたが、九電をあなたにおすすめしているのではありませんよ!

家庭により条件が異なるので、あなたのお家に一番良い会社を選んでくださいね。

JALマイルが貯まりかつ電気代が安くなる電力会社を選ぶ

まず、JALのマイレージのページで、JMBマイルパートナーとなっている電気会社を確認します。

JALマイルが貯められる電気会社を確認する

JALのマイレージと提携している電気会社の一覧は、暮らしでマイルをためる電気・ガス店舗一覧に掲載されています。

執筆時現在では6社の電気会社です。

JALマイルがためられるJMBマイルパートナー

JALマイルへの変換方法を確認する

この6社のうちどの電気会社にするかは後述する電気料金シミュレーションをして決定するのですが、JALマイルへの変換方法を確認しておきましょう。

パターンが2つあります。

  1. カテエネポイントのように、JALマイル以外のポイントサービスのポイントをJALマイルに変換できる
  2. 電気代に応じて直接JALマイルがゲットできる

一番安くなる電力会社をおすすめしてくれる

電力自由化により電気会社を変更するときに、どの電力会社が一番安くなるかを、節約額の高い順にランキングで表示してくれる、エネチェンジでシミュレーションします。

エネチェンジへ行き「電気」を選ぶ

今回は電気代の比較をするので[電気]を選びます。

電力自由化を利用した電力会社変更

[今のお住まい]を選択します。

引越しその他で契約する電力会社を探している場合は、[引越し]を選択します。

居住地域などの情報を入力

電力自由化を利用した電力会社変更 電気代シミュレーション

居住地域や現在の電力会社などの情報を入力します。

 

電力自由化を利用した電力会社変更 電気代シミュレーション2

オプションで細かく電力会社の条件が追加できます。

電力会社の比較結果を確認する

電力自由化を利用して電気代を安く

こんなかたちで現状の電気代よりも安くなる金額が大きい順に、新しい電力会社の候補ズラッと表示されます。

使いたい電力会社を選ぶ

次に、電力会社の候補からひとつに絞り込むのですが、今回はJALのマイルが貯められる電力会社という基準で選びます。

電力会社の候補からJALと提携している会社を選ぶ

上記で紹介したJALと提携している6社が、電力比較でシミュレーションした一覧に入っていれば、その電力会社を選択します。

毎月の電気代を払うとJALマイルが同時にたまる

筆者の場合は、中部電力のカテエネプランと九電みらいエナジーのJALマイルプランで迷いました。

  • 中部電力のカテエネプラン:カテエネポイントをJALマイルに変換できる
  • 九電みらいエナジーのJALマイルプラン:直接JALマイルがたまる

結局、九電みらいエナジーのJALマイルプランにしました。

新しい電力会社への申し込み完了後

申し込みが完了すると、「エネチェンジ・○○株式会社への取次完了のお知らせ」という件名のメールが届きます。

なお、新しい電力会社への変更とともに、現在の電力会社との解約手続きも新しい電力会社が行ってくれます

九電みらいエナジー株式会社にて、契約切替の手続き(現在の電力会社への解約手続きを含む)を実施します。お申込み内容に不備等がある場合にのみ、九電みらいエナジー株式会社から連絡があります。

引用:申し込み完了時のエネチェンジからのメールより抜粋

電力自由化でなぜ電気代が安くなる?

そもそも「電力自由化」とは?という疑問が湧いてきます。

これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気。 2016年の4月の「電力自由化」以降は、現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになりました。

引用:エネチェンジ/電力自由化より

筆者家の場合、「現在の電力会社」は東京電力ですが、これまでは東京電力以外は選べませんでしたが、他社と契約してもOKとなったということですね。

スーパーマーケットに行くお客は、スーパーAとスーパーBのどちらでも買い物をできるので、自由競争の原理で、スーパーAとBは切磋琢磨していかに安く良いものを提供できるかを競い、結果お客さんのためにもなる原理と同じですね。

まとめ

電力自由化を利用して、「現状より電気代が安くなり、かつJALマイルが貯められる」会社を選ぶ方法を共有しました。

九電みらいエナジーのJALマイルプランで貯まるJALマイルは、使用電力100円=1マイルです。

あなた様のご家庭で、電気代が一番得になりかつJALマイルも貯まる電力会社を探してみてくださいね。

本記事で紹介したリンク一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました