粉ミルクは母乳と同じ?「お母さんの母乳が最良」許可表示の歴史

いろんな種類がある粉ミルク、我が家は森永の「はぐくみ」というのを利用しています。

私だけなのかもしれませんが、粉ミルクの缶には必ず記載されているこの「許可表示」が、缶を見るたびなんとなく気になるのです。

許可表示
赤ちゃんにとって、健康なお母さんの母乳が最良です。
森永はぐくみは、母乳が足りない赤ちゃんに、安心してお使いいただけます。

私もそうですが、他の何らかの理由により完全ミルク育児の方も表示が気になる方いらっしゃるでしょう。

「お母さんの母乳が最良」の許可表示はどのようにして生まれたのか、歴史を調査しました。

「お母さんの母乳が最良」表示とは

粉ミルクの缶にはメーカー問わず「赤ちゃんにとって、健康なお母さんの母乳が最良です。」の表示がはいっています。

「お母さんの母乳が最良」許可表示の歴史

母乳ではないことで落ち込んだりすることは全くありませんが、はぐくみの缶を見るたびに「お母さんの母乳が最良です。」の部分がリフレインしちゃったりします。笑

缶の一番目立つところに太字で書いてありますからね。
必ず目には入ります。

粉ミルクは母乳と同じか

私もそうですが母乳が望ましかったと考えつつ物理的に母乳の出ない方は、この許可表示を見るたびに変に気落ちしてしまう方も多いのではないかと想像します。

自ら完全ミルク育児を選択された立場の方は「今どきのミルクは優秀なのでミルクとは全く遜色ない」という会話をされます。

ミルク育児有りきでの最善策を考えるわけです。

次の厚生労働省のページによると「粉ミルクはあくまでも母乳の代替である」と明記されています。

「乳児用調製粉乳たる表示」の歴史

この許可表示、正式名称を「乳児用調製粉乳たる表示」と言うそうです。

制定年度の正確なところは不明でしたが、厚生労働省のページによると、
平成21年の食安発第0212001号というので検討されたようです。
その後も何回か改定されています。

「お母さんの母乳が最良」許可表示の正式名称

許可を受けるべき乳児用調製粉乳たる表示の範囲については、母乳代替食品としての用に適する旨が医学的、栄養学的表現で記載されたものに適用されるものとする。
平成21年の食安発第0212001号より抜粋

液体ミルクの扱い

時代代わり、粉ならぬ液体ミルクというものが登場したわけですが、この「乳児用調製粉乳たる表示」は製粉乳の規定なので、液体ミルクの規定はどうなるんだという話になるわけです。

平成30年に「乳児用調製粉乳」及び「乳児用調製液状乳」用として規定改正の議論がなされたようです。

液体ミルク登場による規定改正の理由

液体ミルクも乳児用調製粉乳と同様の許可表示をすると決まったときの、議論の経緯を見てみましょう。

「男女共同参画・女性活躍の推進に向けた重点的取組事項について」及び「女性活躍加速のための重点方針 2017」において、母乳の代替としての新たな選択肢となり得る乳児用液体ミルクの普及実現に向けた取組を推進する必要があるとされている。
平成30年5月15日発行「乳児用液体ミルクに係る特別用途食品の許可基準設定について」より

「液体ミルク」の特別用途食品認定は「女性活躍推進」施策を達成したいためということですかねえ。

液体ミルクの信頼性が乳児用調製粉乳と同等となったという事実がまず先ではないんだ?

まとめ「気にする必要はないでしょう”母乳が最良”表示」

「お母さんの母乳が最良」の許可表示はどのようにして生まれたか歴史をご紹介しました。

私の中では「許可表示は政策実施の都合に合わせて作られた程度のもの」と思っておけば良いだろうという結論に至りました。

ミルクを作る回数がどうしても多くなる完全ミルク育児の我が家では、ウォーターサーバーなどの道具も活用してなんとか乗り切っています。

「完全粉ミルクで育児するとどうなの?」ということにご興味ある方は、是非以下のレビュー記事もご参照いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました