赤ちゃんに読む英語の本!シリーズ本で次々読める【メイシーちゃんシリーズ】

赤ちゃん英語の本
この記事は約3分で読めます。

赤ちゃんや小さな子供に英語に触れてもらうべく、英語の本や絵本を読み聞かせると良いとよく言います。

ミミウサ
ミミウサ

1冊目はちゃんと聞いてくれるのですが、
2冊目を読もうとすると飽きてしまいます。
次々と連鎖で読んでもらえる
赤ちゃん向け英語本ありませんか?

最初の1冊は聞いてくれても、集中力が持続しなかったり、興味が削がれたりで、2冊目、3冊目・・とは続かないものです。

 

本記事では、赤ちゃんにシリーズで楽しんでもらえる英語の本「メイシーちゃんシリーズ」を紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのための英語の本 メイシーちゃんシリーズ

メイシーちゃんシリーズは、我が家でも赤ちゃんが0歳2ヶ月目くらいから読み聞かせ続けているシリーズです。

ストーリーも可愛らしいですが、そのイラストに工夫が凝らされていますので、中身を少し紹介します。

赤ちゃんに読む英語の本

著者、Lucy Cousins(ルーシー・カズンズ)(1964年2月10日生まれ)は児童書のイラストレーターです。

彼女の代表作が今回ご紹介するメイシーちゃん(Maisy Mouse)シリーズとなります。

メイシーちゃんシリーズは、27の言語に翻訳され、発行部数は2700万部以上に及びます。

写真のイラストをパッと見ても分かる通り、非常に特徴的かつ分かりやすいイラストのタッチですが、これは幼児向けに特別に考えられた手法で描かれているためです。

赤ちゃん向け英語本 メイシーちゃんシリーズの中身

メイシーちゃんシリーズのうちの1冊で、「Maisy Takes a Bath」より中身を一部紹介しましょう。

 

赤ちゃんに読む英語の本

メイシーちゃんのバスタイム。

お湯を張って、泡風呂です。

赤ちゃんに読む英語の本

「あ、アヒルさんもね」

「おや、誰か玄関にやってきたぞ」

メイシーちゃんは階下に降りて誰なのか見に行きます。

お風呂は2階なんだ・・というプチ疑問はありますが、読み進めます。

赤ちゃんに読む英語の本

Tallulahちゃんだった!

ごめん、お風呂入るから今遊べないよ。

赤ちゃんに読む英語の本 メイシーちゃんがお風呂に入る

メイシーちゃんはお風呂に戻り入ろうとするのですが・・

この後もメイシーちゃんとTallulahちゃんの可愛らしいやり取りが続きます。

10ページほどの本ですので、子供が飽きる前に読み終えることができますよ。

男の子向けの英語の本のサンプル

メイシーちゃんシリーズからもう一冊ご紹介しましょう。

Maisy Drives the Bus」です。

赤ちゃんに読む英語の本 Maisy Drives the Bus

メイシーちゃんはバスの運転手。

バス停1には誰が待っているかな?

Cyrilちゃんでした。

赤ちゃんに読む英語の本

クロネコさんがバス停2で待っていました。

バス停4にはEddieちゃんが。

バスに乗れるのでしょうか。

メイシーちゃんシリーズの登場人物は、主役のメイシーちゃんの他、Tallulahちゃん、Eddieちゃん、CyrilちゃんともうひとりワニのCharleyが中心となっており、ドラえもんでいうところの「のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫」の役割をしてくれています。

まとめ

赤ちゃんや小さな子供に読む英語の本として、シリーズでどんどん読める「メイシーちゃん(Maisy)ちゃんシリーズ」の内容を紹介しました。

メイシーちゃんシリーズでは「Maisy is ○○○」「Maisy does ○○○」という文章が何回も出てくるので、名前(Maisy)の部分をお子さんのお名前に変えて読んであげても喜びますよ。

我が家にはシリーズのうち8冊ほど置いてありますが、上述の「Maisy Drives the Bus」が一番のお気に入りで表紙がボロボロになっています。

シリーズからお子さんもお気に入りの一冊が必ずあるはずですので、読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました